MCE(モーターコントロールエクササイズ)

MCE
(モーターコントロールエクササイズ)
という新しい改善法

MCE(モーターコントロールエクササイズ)は、日本人の特徴である後ろに傾きやすい骨盤を前傾させ、インナーマッスルに刺激を与える新時代の体幹訓練用装具を用いたトレーニングです。
身体を無理やり固定するのではなく、身体の各部に適度の圧を加えることで、姿勢を改善するだけでなく、運動パフォーマンスの向上や、リハビリテーション効果も期待できます。
当院で特殊体幹訓練用装具を用いた歩行訓練や姿勢指導をおこなうことで、若い方からお年寄りまで、様々なお悩みに応えています。

こんなお悩みありませんか?

  • 姿勢を
    よくする方法が
    分からない

  • インナーマッスルの
    鍛え方を
    知りたい

  • 慢性的な腰痛を
    根本から
    取り除きたい

  • 骨盤のゆがみを
    改善して
    見た目痩せしたい

特殊施術

手技を使った特殊矯正や美容、予防に特化したEMSや装具を使ったトレーニング
など
通常とは異なる予約制の施術になります。

 

目的に合わせてお選びいただけます。

 

※この施術は自費での施術となります。

健康サイクルと当院の取り組み内容

 

MCE(モーターコントロールエクササイズ)とその効果

MCE(モーターコントロールエクササイズ)という言葉を初めて耳にしたという方もいらっしゃるかもしれません。
まずは、MCE(モーターコントロールエクササイズ)とはどのような施術なのかご紹介したいと思います。

 

【MCE(モーターコントロールエクササイズ)とは】

 

MCE(モーターコントロールエクササイズ)は簡単に説明すると、インナーマッスルの働きを強化し、アウターマッスルの働きを抑制するための運動療法になります。

腰痛をはじめとする症状は、アウターマッスルの出力に対して、インナーマッスルの耐久力が足りなくなるため発生すると考えられています。


モーターコントロールの歴史】

 

モーターコントロールの理論は、1990年代に豪州のクイーンズランド大学で確立されました。
アメリカの内科学会でも、モーターコントロールが慢性腰痛に対する非薬物的療法としてエビデンスがあるとしています。

 

【インナーマッスルとアウターマッスル】

 

モーターコントロール理論では、インナーマッスルとアウターマッスルを次のように考えています。

 

◆インナーマッスル

 

モーターコントロール理論におけるインナーマッスルは、多裂筋(たれつきん)や腹横筋(ふくおうきん)を意味します。
両者は主に脊椎を安定させるために働きます。

 

◆アウターマッスル


モーターコントロール理論におけるアウターマッスルは、腹直筋(ふくちょくきん)や外腹斜筋(がいふくしゃきん)を意味します。
両者は身体への外力に抵抗する働きがあります。

MCE(モーターコントロールエクササイズ)によって改善が期待できる症状

MCE(モーターコントロールエクササイズ)を利用する目的は、骨盤の後傾の改善です。

日本人をはじめとしたアジア系の民族は、アフリカ系の民族に比べると骨盤が後ろに傾きやすい傾向があるといわれています。

骨盤が後ろに傾いていると、猫背姿勢になりやすく腰痛や肩こり症状が発生しやすくなります。


◆慢性腰痛の改善効果

 

MCE(モーターコントロールエクササイズ)を行うことによって、85%が原因不明とされる腰痛の改善が期待できます。

モーターコントロール理論では、腰痛はインナーマッスルとアウターマッスルのアンバランスによって引き起こされると考えています。

インナーマッスルは脊椎を支える筋肉ですが、特に多裂筋はとても小さな筋肉です。
そのため、アウターマッスルが過度に働くことで多裂筋を損傷し、腰痛が発生してしまうのです。

MCE(モーターコントロールエクササイズ)によって身体の使い方が改善されれば、インナーマッスルとアウターマッスルのバランスが取れ、腰にかかる負荷が減少し、慢性腰痛の改善につなげられるのです。

 

◆猫背


インナーマッスルは脊椎(背骨)を支える筋肉であるため、インナーマッスルの働きが衰えると、背骨を支える力が弱まり、猫背になってしまいます。
MCE(モーターコントロールエクササイズ)をおこなうことでインナーマッスルがしっかりと働けば、姿勢の改善も期待できます。

よくある質問 FAQ

  • お年寄りでも施術を受けることはできますか?
    MCE(モーターコントロールエクササイズ)は、独自の構造で歩行を助けるため、お年寄りの歩行訓練などにも利用できます。
  • 特殊体幹訓練装具を装着すると、どのような効果が期待できますか?
    腰の負担が少なく、骨盤を前傾させるため正しい姿勢を維持することができます。
    体幹を鍛えることで、腰痛の予防や身体能力の向上も期待できます。
  • ケガの早期回復は期待できますか?
    独自の体幹サポート作用によって、足をスムーズに前に出すことができるため、リハビリテーションにもご利用可能です。

著者 Writer

著者画像
院長:杉澤 恵太(すぎさわ けいた)
資格:柔道整復師、鍼灸師
呉竹学園東京医療専門学校卒業
生年月日:9月21日
血液型:A型
出身地:東京都墨田区
趣味:フットサル、キャンプ用品集め
患者さんへ一言:お身体の痛みや不調でお悩みの際はお気軽にご相談下さい!
患者さんが健康に、そして笑顔になれるように一緒に解決していきましょう!
 

  関連コラム Column

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:奏の杜中央整骨院
住所〒275-0028 千葉県習志野市奏の杜1-3-1
最寄:JR津田沼駅 南口から徒歩4分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】奏の杜中央整骨院・奏の杜中央鍼灸院 公式SNSアカウント 奏の杜中央整骨院・奏の杜中央鍼灸院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】奏の杜中央整骨院・奏の杜中央鍼灸院 公式SNSアカウント 奏の杜中央整骨院・奏の杜中央鍼灸院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】奏の杜中央整骨院・奏の杜中央鍼灸院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中