肩こりでお悩みの方へ

肩こりによくある症状

  • 肩が重くて
    だるい

  • 目が疲れると
    肩こりも
    つらくなる

  • 肩がガチガチに
    硬い

  • ひどい肩こりで
    吐き気がする

つらい肩こりは生活の習慣からきているかもしれません

肩のはりや痛み、だるさなど症状の感じ方には個人差がありますが、

慢性化することで長年悩んでいる方も多くいらっしゃいます。

 

つらい肩こりは、生活習慣の積み重ねで引き起こされている可能性があります。

 

そこで、肩こりの原因や対処法をご紹介していきます。

肩こり改善メニュー Recommend Menu

なぜ辛い肩こりは起こるのでしょうか

肩こりが慢性化すると日常生活にも支障をきたし、仕事に集中できないといった悩みを抱えている方も多くいらっしゃいます。
つらい肩こりは何気ない日常の習慣が蓄積されることで起こります。
そこで、肩こりが起こる原因について知り、対処できるようにしましょう。

 

【日本人に肩こりが多い理由】

 

肩こりに悩まされる日本人は非常に多く、国民病とも言われるほどです。
なぜ日本人に肩こりが多いのかというと、それは日本人の体型に原因があります。

私たちは重い頭を首と肩によって支え、肩は両腕も支えています。
肩は非常に負荷がかかりやすい場所にも関わらず、日本人の華奢な骨格はより負荷がかかってしまうため肩こりが多いと言われています。

 

【肩こりが起こる原因】

 

●筋肉疲労

肩は日常的に負荷がかかりやすい場所ですが、姿勢の悪さや日常の習慣によって負荷は蓄積されていきます。
姿勢の悪さや習慣によって身体がゆがむことで、筋肉バランスが崩れて肩に余分な負担がかかるようになるからです。

そうすると、筋肉は疲労を蓄積させていくことで肩こりを起こしてしまいます。
同じ姿勢を長時間続けることも首や肩に負担がかかるため、デスクワークにおける肩こりが増加傾向にあります。

 

●血流の悪化

肩こりは筋肉の血流が悪くなることで老廃物が流れにくくなり、疲労が蓄積されることで起こります。
そのため、低血圧や高血圧などによって血流が悪い場合や、血管が狭くなっていると肩こりを起こしやすいと言われています。

 

●眼精疲労

スマホやパソコンの使用により、眼精疲労を起こしている方は多くいらっしゃいます。
眼精疲労は目の筋肉が疲労と緊張を蓄積させるため、肩の筋肉にも影響が出ると言われています。

日常で行える対処法で肩こりを改善・緩和しましょう

長年悩まされている肩こりは、整骨院・接骨院の施術によって根本からの改善が期待できます。
日常生活で行える対処・予防法もあるので、早期改善・症状緩和のために知っておきましょう。

 

【肩こりの対処・予防法】

 

●ストレッチや運動をする

ストレッチや運動をすれば血行が促進され、硬くなった筋肉がほぐれやすくなります。
ウォーキングなどの簡単な運動によって運動不足を解消し、筋肉の衰えを予防します。

また、肩を中心にストレッチをすることで筋肉や関節の柔軟性も高まり、肩こりの緩和・予防が期待できます。
デスクワークなどで同じ姿勢が続くような場合には、休憩を挟んでストレッチなどを行うようにしましょう。

 

●姿勢や日常の習慣を改善する

姿勢の悪さは筋肉バランスを崩して肩への負担を与える原因になるため、日常的に姿勢を正すようにしましょう。
背筋をまっすぐに正し、猫背反り腰にならないように注意してください。

また、身体のゆがみになるような日常習慣の改善も必要です。
片側の肩ばかりで荷物を持つことや、立つ時に左右どちらかに重心を置く、足を組むといった習慣がゆがみに繋がります。

 

●目を休める

デスクワークなどで目の疲れを感じた時は、目を休ませるようにしましょう。
1分ほど目を閉じるだけでも休めることができますし、遠くの景色をみることでも休まります。

 

●血流を促進する

血行の流れが悪いと肩こりが起こりやすくなるので、血行を促進することが大切です。
入浴して身体を温めたりストレスを溜め込まないことが、血液の流れを良くする方法です。
また、生活習慣の乱れを改善することで低血圧や高血圧が改善されれば、肩こりの改善にも繋がります。

奏の杜中央整骨院・奏の杜中央鍼灸院の
【肩こり】アプローチ方法

肩こりは、デスクワークやスマホ操作などによる長時間の不良姿勢、運動不足、冷えなどから首、肩、背中の緊張が原因で起きます。

肩こりに対して「鍼施術」「ボディケア(筋肉へのアプローチ)」で筋肉を緩めるだけでも症状改善は期待できますが、症状に戻りがある場合は「猫背矯正」などの骨格矯正を行うことで再発予防と根本改善を目指します。

 

 

 

 

【肩こりに対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ハイボルト(高電圧)の電気刺激を身体の深部組織に到達させる療法です。
「痛みの原因の見極め」「炎症を抑制」「痛みの緩和」 が期待でき、痛みの強い時期におすすめな施術です。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

経穴(ツボ)に刺激を与えることにより、緊張し硬くなった筋肉をゆるめて血行の促進を目指します。
除痛効果だけでなく、他の施術の効果を持続させる効果も期待できます。

 

■テーピング

テーピングと言ってもいくつかの種類があり目的により使い分けていきます。
筋肉の動きを正常にするテープ、筋力バランスを整えるテープ、関節を固定・補強するテープなどを適切に施すことで、効果の持続を目指します。

 

■骨格矯正

骨盤のズレや背骨のゆがみを本来の状態に戻し、血液・リンパ・神経の流れ、動きを整え、身体の自然治癒力を高めていくことで、慢性的な「肩こり」や「腰痛」などに効果が期待できる施術です。
普段の姿勢が気になっている方、慢性的に疲労を感じている方におすすめな施術です。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉を覆っている「筋膜」に専用の器具(ステンレスでできたブレードなど)でアプローチしていきます。
筋膜の緊張や癒着をほぐすことで組織の回復力を高め痛みの軽減や可動域の改善が期待できます。

 

■ドレナージュ
【EHD】

頭痛や眼精疲労に特化した施術です。
肩から首、頭の筋肉を緩め、ツボを刺激して短時間での改善を目指します。
パソコン作業が多い方、目が疲れやすい方におすすめな施術です。

 

■カッピング

透明なカップを症状が気になる箇所や、血液の滞っている箇所に吸着させ、中を真空状態にし皮膚をカップ内に吸引することで刺激を与える施術です。
皮膚や筋肉に刺激を与え血液やリンパ液の流れを整えます。

 

■鍼灸

髪の毛ほどの細さの鍼やもぐさでできたお灸を使い、経穴(ツボ)を刺激することで自己治癒力を向上させ、さまざまな不調の緩和を目指す施術です。
痛みや痺れの緩和、自律神経の乱れによる症状の改善に効果が期待できます。

 

■温熱療法

患部を温めることにより血液や疲労物質の流れを促進し症状の緩和を目指す施術です。
血液循環がよくなることで、緊張し硬くなってしまった筋肉を緩ませ「頭痛」や「肩こり」「腰痛」など血行不良により生じていた不調の緩和が期待できます。

 

■小顔矯正

頭や顔の骨格調整をして表情筋の緊張をほぐすことで、リンパの流れや血液循環を促進することで「小顔」を目指す施術です。
むくみやしみなどのお肌のトラブル改善に効果が期待できます。
お顔のゆがみなどでお悩みの方もご相談ください。

著者 Writer

著者画像
院長:杉澤 恵太(すぎさわ けいた)
資格:柔道整復師、鍼灸師
呉竹学園東京医療専門学校卒業
生年月日:9月21日
血液型:A型
出身地:東京都墨田区
趣味:フットサル、キャンプ用品集め
患者さんへ一言:お身体の痛みや不調でお悩みの際はお気軽にご相談下さい!
患者さんが健康に、そして笑顔になれるように一緒に解決していきましょう!
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:奏の杜中央整骨院
住所〒275-0028 千葉県習志野市奏の杜1-3-1
最寄:JR津田沼駅 南口から徒歩4分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】奏の杜中央整骨院・奏の杜中央鍼灸院 公式SNSアカウント 奏の杜中央整骨院・奏の杜中央鍼灸院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】奏の杜中央整骨院・奏の杜中央鍼灸院 公式SNSアカウント 奏の杜中央整骨院・奏の杜中央鍼灸院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】奏の杜中央整骨院・奏の杜中央鍼灸院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中