捻挫・腱炎・腱鞘炎でお悩みの方へ

捻挫・腱炎・腱鞘炎によくある症状

  • 転んで手を
    捻ってしまった

  • 出産してから
    手首が痛む

  • パソコン作業を
    していると
    指が痛む

  • 捻挫を何度も
    起こしてくせに
    なっている

手足の痛みの原因は捻挫・腱炎・腱鞘炎かもしれません

転んだ時に手をついてしまって痛めた、

という経験をしたことをある方は多くいらっしゃいます。

 

それ以外にも、パソコン作業育児・家事をしていて手首が痛む場合もあります。

 

これらの痛みは捻挫もしくは、腱炎・腱鞘炎の可能性が考えられます。

捻挫と腱炎・腱鞘炎のそれぞれの原因や対処法をご紹介していきます。

捻挫・腱炎・腱鞘炎改善メニュー Recommend Menu

関節の痛みである捻挫と腱炎・腱鞘炎の原因

捻挫や腱炎・腱鞘炎は、日常生活の中で誰にでも起こり得るケガです。
どちらも関節周辺に痛みが生じるケガですが、それぞれケガの状態は異なります。
捻挫と腱炎・腱鞘炎が起こる原因や症状をそれぞれご紹介していきます。

 

【捻挫とは】

 

<症状>

関節周辺の靭帯や軟骨が損傷することにより、腫れや受傷部分の熱っぽさが生じます。
軽度の捻挫であれば、動かす時や体重をかけた時に痛みが生じます。
しかし、重度の場合には動かしていない状態でも痛みが生じます。

 

<原因>

外部より関節に強い力が加わることで発生します。
スポーツにおける動作で発生することが多く、ボールを使う競技では突き指として指関節を負傷したりします。
また、日常生活においては転倒する際に足首や手首に起こることが多いです。

 

【腱炎・腱鞘炎とは】

 

<症状>

腱炎は腱が炎症を起こし、腱鞘炎は腱の周辺部位が炎症している状態を指します。
炎症により痛みが生じますが、いきなり症状が出るよりも徐々に症状が現れることが大半です。
手首や指に生じることが多く、違和感や引っかかりを覚えるところから症状が始まります。

 

<原因>

●使いすぎ

関節を酷使することで繰り返し外力が加わって徐々に炎症を起こします。
デスクワークによるパソコンを長時間使用することや、スマホの使用、ピアノ演奏などによって引き起こされます。

●ホルモンバランス

中高年の女性や妊婦・出産後の女性に多いことから女性ホルモンのバランスが関係していると言われています。
とくに産後分泌される女性ホルモンや赤ちゃんの抱っこなどで引き起こされることが多く、初産の方によく見られるので「初産腱鞘炎」とも呼ばれています。

●加齢による老化

中高年に多くみられるため、腱が老化することで炎症が起こりやすいと考えられます。
老化によって関節の動きが悪くなるものの、繰り返し負荷をかけるような動作を起こすことで引き起こされます。

 

【捻挫、腱炎・腱鞘炎の違い】

 

捻挫も腱炎・腱鞘炎も関節周辺に負荷がかかることで生じる痛みですが、大きな違いは「受傷起点の明確さ」です。
捻挫の場合は、いつどこで受傷したのか明確です。
一方で、腱炎・腱鞘炎は徐々に起こるものなので、受傷起点が不明確になっています。

捻挫や腱炎・腱鞘炎になった時に行うべき対処法

捻挫や腱炎・腱鞘炎は日常的にいつでも起こり得るケガです。
そのため、受傷した時にすぐに対処できるように対処法を知っておきましょう。
早期対処が、症状の早期改善や緩和に繋がります。

 

【捻挫、腱炎・腱鞘炎の対処法】

 

●応急処置を行う

捻挫や腱炎・腱鞘炎を起こした場合にはすぐに応急処置を行いましょう。
応急処置は、「RICE処置」と呼ばれる方法が一般的です。

【RICE処置】

R:Rest(安静にする)
患部を動かさないように安静にし、炎症の悪化を防ぎましょう。

I:Ice(冷やす)
患部をアイスパックや氷をビニール袋に入れた物を使って冷やします。
冷やすことで鎮痛効果や腫れの抑制が期待できます。

C:Compression(圧迫する)
患部をテーピングや包帯で圧迫しましょう。
圧迫することで患部を固定し、炎症を抑制します。

E:Elevation(拳上する)
心臓より患部を高い位置に挙げることで腫れを抑制します。

 

●ストレッチや軽い運動をする

腱炎・腱鞘炎では、長時間動かさなければ関節の動きが悪くなってしまいます。
そうすると、指に負担が大きくかかるように、症状の悪化に繋がります。
関節の曲げ伸ばしなどのストレッチを行い、関節の柔軟性を高めましょう。

また、捻挫においては運動前にストレッチをすることで関節や筋肉の柔軟性が高まるため、急な動きによる受傷の予防に効果が期待できます。

 

【捻挫や腱炎・腱鞘炎におけるテーピングの重要性】

 

捻挫や腱炎・腱鞘炎の炎症や痛みが強い時には、関節を固定して動かさないようにすることが大切です。
テーピングでしっかり固定することで、症状の悪化予防や早期改善が期待できます。
また、テーピングの種類によっては関節のサポートをすることで再発を予防したり、痛みの緩和に効果的なものもあります。

奏の杜中央整骨院・奏の杜中央鍼灸院の
【捻挫・腱炎・腱鞘炎】アプローチ方法

捻挫・腱炎・腱鞘炎では、受傷直後や痛めた後の急性期にはアイシングハイボルト療法などで炎症や腫れを最小限に抑える処置を行っていきます。

捻挫がくせにならないように初期の3日〜1週間はテーピングや包帯での固定を行います。

患部をかばって使い過ぎている筋肉の緊張を、CMC筋膜ストレッチ(リリース)手技で緩めて患部への負担を減らします。

 

 

 

【捻挫・腱炎・腱鞘炎に対する施術方法】

 

■保険施術

日常生活での突発的な原因や直接的な外力、不意に加わった荷重、スポーツ中に一度の外力で起こる損傷やケガの施術に対して各種健康保険や自賠責保険、労災保険などの保険を使用し回復を目指す施術です。
日常生活の動作やスポーツの中で起きる、関節や筋肉の使い過ぎや間違った使い方などが原因で起こる損傷やケガの施術に対しても適用となる場合があります。

 

■ハイボルト療法

ハイボルト(高電圧)の電気刺激を身体の深部組織に到達させる療法です。
「痛みの原因の見極め」「炎症を抑制」「痛みの緩和」 が期待でき、痛みの強い時期におすすめな施術です。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

経穴(ツボ)に刺激を与えることにより、緊張し硬くなった筋肉をゆるめて血行の促進を目指します。
除痛効果だけでなく、他の施術の効果を持続させる効果も期待できます。

 

■テーピング

テーピングと言ってもいくつかの種類があり目的により使い分けていきます。
筋肉の動きを正常にするテープ、筋力バランスを整えるテープ、関節を固定・補強するテープなどを適切に施すことで、効果の持続を目指します。

 

■骨格矯正

骨盤のズレや背骨のゆがみを本来の状態に戻し、血液・リンパ・神経の流れ、動きを整え、身体の自然治癒力を高めていくことで、慢性的な「肩こり」や「腰痛」などに効果が期待できる施術です。
普段の姿勢が気になっている方、慢性的に疲労を感じている方におすすめな施術です。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉を覆っている「筋膜」に専用の器具(ステンレスでできたブレードなど)でアプローチしていきます。
筋膜の緊張や癒着をほぐすことで組織の回復力を高め痛みの軽減や可動域の改善が期待できます。

 

■鍼灸

髪の毛ほどの細さの鍼やもぐさでできたお灸を使い、経穴(ツボ)を刺激することで自己治癒力を向上させ、さまざまな不調の緩和を目指す施術です。
痛みや痺れの緩和、自律神経の乱れによる症状の改善に効果が期待できます。

 

■温熱療法

患部を温めることにより血液や疲労物質の流れを促進し症状の緩和を目指す施術です。
血液循環がよくなることで、緊張し硬くなってしまった筋肉を緩ませ「頭痛」や「肩こり」「腰痛」など血行不良により生じていた不調の緩和が期待できます。

著者 Writer

著者画像
院長:杉澤 恵太(すぎさわ けいた)
資格:柔道整復師、鍼灸師
呉竹学園東京医療専門学校卒業
生年月日:9月21日
血液型:A型
出身地:東京都墨田区
趣味:フットサル、キャンプ用品集め
患者さんへ一言:お身体の痛みや不調でお悩みの際はお気軽にご相談下さい!
患者さんが健康に、そして笑顔になれるように一緒に解決していきましょう!
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:奏の杜中央整骨院
住所〒275-0028 千葉県習志野市奏の杜1-3-1
最寄:JR津田沼駅 南口から徒歩4分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】奏の杜中央整骨院・奏の杜中央鍼灸院 公式SNSアカウント 奏の杜中央整骨院・奏の杜中央鍼灸院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】奏の杜中央整骨院・奏の杜中央鍼灸院 公式SNSアカウント 奏の杜中央整骨院・奏の杜中央鍼灸院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】奏の杜中央整骨院・奏の杜中央鍼灸院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中