骨折でお悩みの方へ

骨折によくある症状

  • 母が尻もちをついてしまい腰椎を骨折した

  • バスケの試合中、相手と接触して鎖骨を骨折した

  • 子供が勢いよく転んでしまい肘を骨折した

  • 骨粗鬆症の母が人とぶつかっただけで骨折した

「骨折」は幅広い年代層で起こります

何らかの衝撃によって骨の連続性が絶たれた状態を骨折と言います。
その原因や年代も幅広く、スポーツ競技中の骨折、日常生活における転倒などによる骨折、骨が未発達である子供の骨折、骨密度が低下した高齢者の骨折など、さまざまなものがあります。

こちらでは、骨折の分類や原因、応急処置や日常でできる予防法などをご紹介していきます。

骨折早期回復メニュー Recommend Menu

骨折・脱臼とその原因・症状について

骨折にはどのような種類があるのか、またその症状などについて詳しくみていきましょう。

 

【骨折とは】

 

「骨折」とは、何らかの外力が加わり、骨組織の連続性が完全あるいは部分的に離断された状態をいいます。
骨が折れて繋がらなくなった状態です。
完全に骨の連続性が絶たれたものを完全骨折、ひびが入る程度や一部の連続性があるものを不全骨折としています。

代表的な分類としては次のようなものがあります。

 

【原因による分類】

 

・外傷性骨折
強い外力による骨折

・病的骨折
疾患が原因で骨の強度が低下している場合に、弱い外力で起こる骨折

・疲労骨折
軽微な外力が繰り返し加わることにより起こる骨折

 

【骨折の症状】

 

骨折の症状には、局所症状・全身症状の2つがあります。

 

【局所症状】

局所症状とは、それだけでは骨折と断定できないものの、骨折を含めた外傷全般に出現する症状を指します。
また、骨組織や軟部組織などの一般外傷にみられる症状を「一般外傷症状」と言い、骨折固有にみられる症状を「固有症状」と呼びます。

 

◆一般外傷症状

●疼痛
・ 自発痛
骨膜などから発生する疼痛を指します。
・ 直達性局所痛(限局性圧痛)
受傷部位に限局した強い圧痛を指します。
・ 介達痛
骨折部から離れた部位を刺激して患部に生じる疼痛で、軸圧痛・叩打痛・圧迫痛・牽引痛・動揺痛といった5つの種類があります。

●腫脹
受傷部位の骨膜や軟部組織の出血により起こる熱感を伴った腫脹

●機能障害
骨折部の動揺による激痛を防止するために患者自身の動作制限や、激痛によ受傷部位付近の筋肉の過緊張による機能低下など

◆骨折の固有症状

●異常可動性
骨の連続性が絶たれることによって起こる解剖学的動作を超えた動き

●軋轢音
異常運動の際に骨端線同士が触れ合うことで起こるザラザラした音のような感覚

●転位と変形
骨折による骨折端のずれや弯曲を転位と呼び、転移によって外見が変形します。
転位と変形には次のような種類があります。

[転位]
・一次転位(骨折時の力による)
・二次転位(骨折後の外力・筋力・患肢の重量などによる)

[変形]
・側方転位
・屈曲転位
・捻転転位
・延長転位
・短縮転位

 

【骨折時の全身症状】

 

骨折を含めた一般外傷に起こり得る全身症状として、ショック症状と発熱・吸収熱があります。

[ショック症状]

・顔面蒼白
・口唇チアノーゼ
・手足の冷感
・全身の冷汗
・脈拍弱化、触知不能
・血圧低下
・意識混濁

また、症状が重い場合に合併症として次のようなことが起こる可能性もあります。

・脳振盪
・肺の脂肪塞栓
・内蔵損傷
・大血管の損傷

[発熱・吸収熱]

骨折後数時間で37~38℃の発熱がみられることがあり、吸収熱といいます。骨折血腫やその他の組織の 分解物吸収のために発生するもので、数日で平熱に戻るとされています。

骨折や脱臼の対処法・予防法

骨折・脱臼をしてしまった場合、早急に適切な処置をおこなうことが重要です。
すぐに医療機関や接骨院・整骨院へ向かえなかった時のために、基本的な応急処置方法を知っておきましょう。

骨折に対する応急処置としては次のようなものがあります。

 

【POLICE処置】

 

P(Protection):保護
けが人の安全確保、受傷部位の保護・悪化防止

OL(Optimal Loading):最適な負荷
早期に最適な負荷をかけることで組織の修復を促進

I(Ice):冷却
疼痛の緩和、炎症の抑制のためのアイシング

C(Compression):圧迫
患部の内出血や腫脹の防止

E(Elevation):挙上
皮下出血や腫脹の抑制

また、外傷時の全身症状とされるショック症状に対しても次のように対処することで効果が期待できます。

 

【ショック状態への対処法】

 

・頭を低くし足を高くして仰向けにする
・衣服緩めてゆったりさせる
・身体をしっかり保温し、安静にする
・特に手足の保温に努め、元気づける

骨折は発生頻度は少ないものの、実際に骨折すれば激痛を伴います。日頃から対策に気を配っておくことでケガ予防にもなりますので、参考としてください。

 

【日常生活で注意できること】

 

●スポーツ選手
・部活やスポーツ選手などに多い疲労骨折は下肢のすねにあたる脛骨、足の甲にあたる中足骨に好発するとされています。自覚症状がなくとも、運動前後のウォーミングアップとクールダウンは必ず行い、身体の柔軟性を高めましょう。

●日常生活
・高齢の方や骨密度の低い方では骨折のリスクが高まります。適度に日光に当たることで健康な骨を作る助けとなるビタミンDの産生を促しましょう。
・日頃からウォーキングやストレッチなどの適度な運動をすることで身体の柔軟性を高め、ケガをしずらい身体にしておきましょう。

 

【骨折の治癒経過】

 

骨折が治癒するまでの過程として3段階あるとされています。

◆炎症期
骨折部位が炎症し、骨髄から出血して細胞修復を促進させる成長因子を含んだ血腫という凝血塊ができます。
炎症がおさまってくると血腫から成長因子が出て細胞の修復を促進します。

◆修復期
仮骨形成期・仮骨硬化期と2つのステージに分かれ、骨折部周辺の骨膜細胞が新しい骨を生成する骨芽細胞に変化し、骨の修復が始まります。

◆リモデリング期
新しくできた軟骨から骨に置換された未熟な骨が、元の状態に近い骨に変化します。

奏の杜中央整骨院・奏の杜中央鍼灸院の【骨折】アプローチ方法

骨折をしてしまった場合、整形外科など病院でしか治療ができないと思っていませんか?
整骨院で働く柔道整復師の本来の仕事は「骨折、脱臼、捻挫、挫傷、打撲」の施術です。
お任せください!

骨折とは、骨が折れたり骨に傷がついた状態をいいます。
ぶつけたりして直接骨に強い外力が加わる骨折や、また反復的に骨に強い力が加わり続けて蓄積し骨折する「疲労骨折」になることもあります。
自己判断で突き指や打撲、捻挫だと思っていたら、実は骨折だったという場合もありますので不安に思ったらすぐに来院ください。
整骨院では、まず検査法とエコーを使い骨折している可能性があると判断した場合、「整復」「固定」の応急処置を行います。
※骨折後にすぐ来院された場合、レントゲンや検査、処置の為に他の医療機関へ紹介状を書かせていただく場合がございます。
整骨院でのリハビリとしては、患部の援助や腫れが強い場合はハイボルト療法やアイシング、固定などで出来るだけ早く痛みが取れる方法を行い、元の日常生活に戻れるように処置を行います。

 

【股関節痛に対する施術方法】

 

■保険施術
■ハイボルト療法
■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

著者 Writer

著者画像
院長:杉澤 恵太(すぎさわ けいた)
資格:柔道整復師、鍼灸師
呉竹学園東京医療専門学校卒業
生年月日:9月21日
血液型:A型
出身地:東京都墨田区
趣味:フットサル、キャンプ用品集め
患者さんへ一言:お身体の痛みや不調でお悩みの際はお気軽にご相談下さい!
患者さんが健康に、そして笑顔になれるように一緒に解決していきましょう!
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:奏の杜中央整骨院
住所〒275-0028 千葉県習志野市奏の杜1-3-1
最寄:JR津田沼駅 南口から徒歩4分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】奏の杜中央整骨院・奏の杜中央鍼灸院 公式SNSアカウント 奏の杜中央整骨院・奏の杜中央鍼灸院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】奏の杜中央整骨院・奏の杜中央鍼灸院 公式SNSアカウント 奏の杜中央整骨院・奏の杜中央鍼灸院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】奏の杜中央整骨院・奏の杜中央鍼灸院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中