ぎっくり腰でお悩みの方へ

ぎっくり腰によくある症状

  • 物を拾おうと
    したら腰に
    激痛が走った

  • 腰が痛くて
    歩けない

  • 早くぎっくり腰
    を改善したい

  • ぎっくり腰を
    再発したくない

ぎっくり腰は根本から改善することが大切です

日常の何気ない動作で、突然ピーンと腰が張るような激痛が走れば「ぎっくり腰」かもしれません。

 

ぎっくり腰は誰にでも突然起こる可能性があり、時間が経てば症状は改善していきます。

 

しかし、再発しやすいぎっくり腰は根本から改善することが大切です。

ぎっくり腰改善メニュー Recommend Menu

ぎっくり腰は日々の積み重ねが引き起こします

海外では「魔女の一撃」とも呼ばれるぎっくり腰は、突然腰に激しい痛みが生じます。
あまりに強い痛みで動けなくなることも少なくありません。
ぎっくり腰の原因は明確になっていませんが、考えられる要因や起こりやすい状況をご紹介していきます。

 

【ぎっくり腰が起こる原因】

 

●筋肉の疲労や負担の蓄積

腰は上半身と下半身を繋ぐ役割を果たし、さまざまな動作によって負担がかかりやすい場所です。
日常の何気ない動作でも負荷は蓄積されていき、筋肉は疲労していきます。
そして、ある日突然筋肉の疲労が許容範囲を超えることでぎっくり腰を起こします。

また、同じ姿勢を長時間続けるようなデスクワークは腰への負担も大きいので、ぎっくり腰を起こしやすいと言えます。

 

●関節への大きな負荷

腰の関節に大きな負荷が加わることで捻挫を起こし、ぎっくり腰を引き起こす原因になると考えられます。
重い物を持ち上げたり、急に起き上がるといった動作が関節に大きな負荷を与えます。

 

●骨盤のゆがみ

姿勢の悪さは身体のゆがみを生み出し、身体のゆがみは筋肉へ大きな負荷をかけてしまいます。
負荷が蓄積された筋肉は硬くなり、骨を圧迫して骨盤のゆがみへと繋がります。
骨盤がゆがむと身体の中心部分である腰にも大きな負担がかかるため、ぎっくり腰を起こしやすくなります。

 

【ぎっくり腰が起こりやすい状況】

 

ぎっくり腰は、何気ない日常の動作の中で引き起こされます。
自分では負荷を与えていないつもりでも、これまでの負荷や疲労が蓄積されているため、次のような何気ない動作がぎっくり腰の引き金となることもあります。

・お辞儀をする
・腰をかがめる
・くしゃみをする
・ベッドから起き上がる

ぎっくり腰は正しい対処と日頃の予防が大切です

ぎっくり腰が起こっても多くの場合症状は自然と改善していくため、放っておく方も多いかもしれません。
しかし、ぎっくり腰は根本から改善しなければ再発してしまう恐れがあります。
そこで、再発しないように日頃から予防を心がけ、発症した場合には早期改善を目指して正しく対処を行いましょう。

 

【ぎっくり腰の対処法】

 

●発症直後は安静にして冷やす

ぎっくり腰を起こした直後は強い炎症を起こしているため、冷やして炎症を抑制しましょう。

アイスパックなどで冷やすと痛みの緩和が期待できます。

また、痛みも強く出る時期なので、無理して動かさずに安静にしましょう。

 

 

●発症数日後の痛みは温める

ぎっくり腰を起こして数日経っても続く痛みには、温める方が効果的です。
入浴やホットパックで腰回りを温めて血行を促進することで筋肉の緊張をほぐせば、痛みの緩和が期待できます。

 

●炎症が落ち着いたら動くようにする

炎症が落ち着いて少しずつ動けるようになってきたら、安静にはせず動くようにしましょう。
そのまま動かずにいると筋肉は硬くなってしまうため、症状の改善が遅くなったり慢性腰痛に繋がる恐れがあります。

 

【日常で行える予防方法】

 

●ストレッチや運動を行う

ストレッチをすることで筋肉や関節の柔軟性が高まり、急な動きにも筋肉や関節が対応できるようになる効果が期待できます。

また、適度な運動を行うことで筋力が高まれば腰回りが強化されるので、ぎっくり腰を起こしにくい身体づくりに繋がります。

 

●日常の習慣や姿勢を見直す

日常の何気ない動作が腰に負荷を蓄積させることでぎっくり腰は起こります。
腰に負荷を与えるような動作を避け、姿勢の悪さを改善するようにしましょう。

同じ腕で荷物を持つ、足を組む、片側に重心を預けて立つといった習慣は、身体のゆがみを生み出します。
できる限り負荷が左右均等に分散されるように動作や姿勢を正すことを心掛けてください。

奏の杜中央整骨院・奏の杜中央鍼灸院の
【ぎっくり腰】アプローチ方法

ぎっくり腰になるとあらゆる生活に支障が出てしまうだけでなく、ヘルニア脊柱管狭窄症慢性腰痛にも繋がります。

当院ではぎっくり腰に対し、急性期は「ハイボルト療法」を行い炎症の抑制を目指します。

場合によってはアイシングや、動きを制限するため「コルセット」「テーピング」をおすすめすることもあります。

電気療法が苦手な方には鍼施術や関節包内矯正を使い、安全で身体に負担の少ない施術も行っています。

早くて1日、長くても5日~1週間で痛みの緩和が期待できます。

また、ご希望の方には今後ぎっくり腰を再発させないための予防法のアドバイスも行っています。

 

【ぎっくり腰に対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ハイボルト(高電圧)の電気刺激を身体の深部組織に到達させる療法です。
「痛みの原因の見極め」「炎症を抑制」「痛みの緩和」 が期待でき、痛みの強い時期におすすめな施術です。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

経穴(ツボ)に刺激を与えることにより、緊張し硬くなった筋肉をゆるめて血行の促進を目指します。
除痛効果だけでなく、他の施術の効果を持続させる効果も期待できます。

 

■テーピング

テーピングと言ってもいくつかの種類があり目的により使い分けていきます。
筋肉の動きを正常にするテープ、筋力バランスを整えるテープ、関節を固定・補強するテープなどを適切に施すことで、効果の持続を目指します。

 

■骨格矯正

骨盤のズレや背骨のゆがみを本来の状態に戻し、血液・リンパ・神経の流れ、動きを整え、身体の自然治癒力を高めていくことで、慢性的な「肩こり」や「腰痛」などに効果が期待できる施術です。
普段の姿勢が気になっている方、慢性的に疲労を感じている方におすすめな施術です。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉を覆っている「筋膜」に専用の器具(ステンレスでできたブレードなど)でアプローチしていきます。
筋膜の緊張や癒着をほぐすことで組織の回復力を高め痛みの軽減や可動域の改善が期待できます。

 

■カッピング

透明なカップを症状が気になる箇所や、血液の滞っている箇所に吸着させ、中を真空状態にし皮膚をカップ内に吸引することで刺激を与える施術です。
皮膚や筋肉に刺激を与え血液やリンパ液の流れを整えます。

 

■鍼灸

髪の毛ほどの細さの鍼やもぐさでできたお灸を使い、経穴(ツボ)を刺激することで自己治癒力を向上させ、さまざまな不調の緩和を目指す施術です。
痛みや痺れの緩和、自律神経の乱れによる症状の改善に効果が期待できます。

著者 Writer

著者画像
院長:杉澤 恵太(すぎさわ けいた)
資格:柔道整復師、鍼灸師
呉竹学園東京医療専門学校卒業
生年月日:9月21日
血液型:A型
出身地:東京都墨田区
趣味:フットサル、キャンプ用品集め
患者さんへ一言:お身体の痛みや不調でお悩みの際はお気軽にご相談下さい!
患者さんが健康に、そして笑顔になれるように一緒に解決していきましょう!
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:奏の杜中央整骨院
住所〒275-0028 千葉県習志野市奏の杜1-3-1
最寄:JR津田沼駅 南口から徒歩4分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】奏の杜中央整骨院・奏の杜中央鍼灸院 公式SNSアカウント 奏の杜中央整骨院・奏の杜中央鍼灸院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】奏の杜中央整骨院・奏の杜中央鍼灸院 公式SNSアカウント 奏の杜中央整骨院・奏の杜中央鍼灸院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】奏の杜中央整骨院・奏の杜中央鍼灸院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中