肉離れでお悩みの方へ

肉離れによくある症状

  • ふくらはぎから
    筋肉の断裂音
    が聞こえた

  • 太ももに
    急に激痛が
    走った

  • 歩けないほどの
    足の痛みがある

  • 肉離れから
    早く回復して
    スポーツに
    復帰したい

肉離れを起こしたら適切な処置で対応を

太ももやふくらはぎに突然激痛が走ったら、

それは「肉離れ」かもしれません。

 

ダッシュする瞬間やジャンプ時に起こることが多く、

筋肉のブチッと切れる断裂音が聞こえることもあります。

 

肉離れを起こした場合には、早急に正しい処置を行うことで早期改善が見込めます。

肉離れ改善メニュー Recommend Menu

肉離れはスポーツ時によく起こる負傷です

肉離れは突然の運動や動きによって起こり、激痛を伴う症状です。
動けないほどの痛みであり、改善するまではスポーツや運動を控えなければなりません。
なぜ肉離れが起こり、どのような身体の変化が起きているのかご紹介します。

 

【肉離れとは】

 

肉離れは、筋肉の一部が損傷や断裂を起こしている症状のことです。
主にふくらはぎや太ももの筋肉に生じ、背中に起こることもあります。

急激な筋肉の収縮によって発生することからラグビーやサッカー、バスケットボールといった激しいスポーツに多いケガです。

 

<症状>

肉離れが起こると激しい痛みと炎症を伴います。

筋肉のブチッという断裂音が聞こえる場合もあり、アキレス腱断裂を起こしている場合もあります。
見た目に変化が現れないこともありますが、断裂を起こすと内出血を伴うこともあります。

 

<原因>

●ストレッチ不足

筋肉がほぐれていない状態で急激な動きをすると、筋肉が動きについていくことができずに肉離れを起こします。
運動前のストレッチやウォーミングアップが不足していると、筋肉が収縮についていけずに断裂しやすくなります。

 

●加齢や運動不足

筋肉は緊張して硬くなっていると柔軟性が低下するため、引っ張られる動作によって切れやすくなります。
加齢による筋肉の老化運動不足で筋肉が硬直すれば、そこに負荷がかかることで肉離れに繋がります。

 

●水分不足

身体の水分が不足していると、筋肉が痙攣を起こすことがあります。
痙攣は筋肉の細かい収縮を繰り返す状態なので、肉離れに繋がります。
運動や暑さなどで汗をかいた時だけではなく、飲酒でも身体の水分は失われるため肉離れを起こすことがあります。

 

●冷え

冬場やクーラーによって身体が冷えると、血流が悪くなります。
血流が悪くなれば筋肉が硬くなるため、負荷が加わることで肉離れを起こしやすくなります。
冬場に足がつり、そのまま肉離れになるような場合もあります。

肉離れが起こった時の対処法

肉離れはスポーツ時に起こることが多いですが、日常生活の中で発生することもあります。
軽度だからと放っておけば、身体のゆがみに繋がったり、将来的に歩行が困難になってしまう場合もあります。
そのため、肉離れが起こった場合には早急に適切な対処を行うようにしましょう。

 

【RICE処置】

肉離れが起こった場合には、すぐに応急処置を行うことで症状の悪化を防ぐとともに早期改善も期待できます。
応急処置には「RICE処置」と呼ばれる応急処置法が一般的です。

R:Rest(安静にする)
肉離れは筋肉が断裂している場合もあるので、動かせば症状の悪化や内出血がひどくなる可能性があります。
患部を動かさないようにし、体重をかけないような体勢で安静にしましょう。

I:Ice(冷やす)
患部を冷やすことで炎症を抑制し、腫れや痛みを緩和させます。
15分ほど冷やして様子をみて、痛みが強いようであればさらに冷やします。

C:Compression(圧迫する)
患部周辺から患部にかけて包帯やテーピングで圧迫することで、炎症や腫れを抑制します。
また、患部の固定の役割もあります。

E:Elevation(拳上する)
患部を心臓より高い位置に挙げることで、内出血や炎症を抑制します。
枕やクッションなどを使って無理のないように患部を持ち上げましょう。

奏の杜中央整骨院・奏の杜中央鍼灸院の
【肉離れ】アプローチ方法

肉離れなどの外傷に対しては、受傷直後や痛めた後の急性期にはアイシングハイボルト療法で炎症を抑えます。

そして、腫れを最小限に抑える為にテーピングや包帯で圧迫・固定を行います。

痛めた筋肉を守ろうと周りの筋肉まで固まったり、内出血により患部に瘢痕形成(皮膚のケガでいうカサブタになること)ができるので、その箇所をCMC筋膜ストレッチ(リリース)鍼施術、手技療法で緩めていきます。

 

 

【肉離れに対する施術方法】

 

■保険施術

日常生活での突発的な原因や直接的な外力、不意に加わった荷重、スポーツ中に一度の外力で起こる損傷やケガの施術に対して各種健康保険や自賠責保険、労災保険などの保険を使用し回復を目指す施術です。
日常生活の動作やスポーツの中で起きる、関節や筋肉の使い過ぎや間違った使い方などが原因で起こる損傷やケガの施術に対しても適用となる場合があります。

 

■ハイボルト療法

ハイボルト(高電圧)の電気刺激を身体の深部組織に到達させる療法です。
「痛みの原因の見極め」「炎症を抑制」「痛みの緩和」 が期待でき、痛みの強い時期におすすめな施術です。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

経穴(ツボ)に刺激を与えることにより、緊張し硬くなった筋肉をゆるめて血行の促進を目指します。
除痛効果だけでなく、他の施術の効果を持続させる効果も期待できます。

 

■テーピング

テーピングと言ってもいくつかの種類があり目的により使い分けていきます。
筋肉の動きを正常にするテープ、筋力バランスを整えるテープ、関節を固定・補強するテープなどを適切に施すことで、効果の持続を目指します。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉を覆っている「筋膜」に専用の器具(ステンレスでできたブレードなど)でアプローチしていきます。
筋膜の緊張や癒着をほぐすことで組織の回復力を高め痛みの軽減や可動域の改善が期待できます。

著者 Writer

著者画像
院長:杉澤 恵太(すぎさわ けいた)
資格:柔道整復師、鍼灸師
呉竹学園東京医療専門学校卒業
生年月日:9月21日
血液型:A型
出身地:東京都墨田区
趣味:フットサル、キャンプ用品集め
患者さんへ一言:お身体の痛みや不調でお悩みの際はお気軽にご相談下さい!
患者さんが健康に、そして笑顔になれるように一緒に解決していきましょう!
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:奏の杜中央整骨院
住所〒275-0028 千葉県習志野市奏の杜1-3-1
最寄:JR津田沼駅 南口から徒歩4分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】奏の杜中央整骨院・奏の杜中央鍼灸院 公式SNSアカウント 奏の杜中央整骨院・奏の杜中央鍼灸院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】奏の杜中央整骨院・奏の杜中央鍼灸院 公式SNSアカウント 奏の杜中央整骨院・奏の杜中央鍼灸院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】奏の杜中央整骨院・奏の杜中央鍼灸院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中