四十肩・五十肩でお悩みの方へ

四十肩・五十肩によくある症状

  • つり革を
    持とうとすると
    肩が痛む

  • 腕が痛くて
    シャンプーが
    できない

  • 思うように
    肩が回せない

  • 服の着脱の
    動作がつらい

加齢とともに訪れる四十肩・五十肩

肩や腕が痛み、思うように動かせなくなる症状は四十肩・五十肩かもしれません。

 

加齢によって現れる症状で、日常生活の動作に支障をきたすようになります。

 

痛みが強ければ眠れないような場合もありますので、

日常生活から四十肩・五十肩の予防を行うことが大切です。

四十肩・五十肩改善メニュー Recommend Menu

四十肩・五十肩はなぜ起こるのでしょうか

年齢を重ねると、肩や腕が痛んでスムーズに動かせなくなることがあります。
この症状を四十肩・五十肩と言い、関節が炎症を起こすことによって症状が現れると言われています。
肩こりと勘違いされることもありますが、肩こりは筋肉疲労によって起こるため、異なるものになります。

 

【四十肩・五十肩が起こる原因】

 

●肩関節周辺の炎症

四十肩・五十肩は、肩関節周辺に炎症が起こっている状態です。
加齢に伴い肩関節周辺の筋肉や関節が硬くなることや、長年受けたダメージが蓄積されて炎症を起こすと考えられています。

さらに、加齢と共に肩や腕を動かさなくなることで、筋肉や関節の柔軟性の低下血液循環の悪化も発症を助長すると言えます。

 

 

●肩の使い過ぎ

肩の関節は安定性が悪いため、他の関節に比べるとダメージを受けやすくなっています。
そのため、肩を使いすぎることで炎症を起こして四十肩・五十肩が発症すると考えられます。

 

●肩や腕への負荷の蓄積

猫背などの姿勢の悪さ、日常生活における習慣によって肩や腕には過剰に負荷がかかっています。
負担がかかることで筋肉は硬くなり、炎症を起こしてしまいます。

 

【四十肩・五十肩における症状の推移】

 

四十肩・五十肩は、改善するまでに1~3年ほどの時間を要すると言われています。
この期間の間にも症状が推移していき、肩の状態も変わっていきます。
まずは「急性期」と呼ばれる時期から始まり、肩関節周辺が炎症を起こした状態になります。
そのため、痛みが強く出やすくなっています。

次に「慢性期」へと移行し、痛みが鈍くなるものの可動域が狭くなります。
そして、「回復期」になると痛みは減り、可動域も徐々に広がっていきます。

四十肩・五十肩には普段から対処していきましょう

四十肩・五十肩を発症すると、日常生活の中で不便になることも多いものです。
そこで、つらい症状を少しでも緩和できるように対処法を知っておきましょう。
また、再発しないように普段から予防方法を取り入れることも大切です。

 

【日常的に行える四十肩・五十肩の対処法】

 

四十肩・五十肩は症状が推移していくため、その時期に合った対処を行う必要があります。

 

●急性期

急性期には痛みが強いため、無理して動かさずに安静にするようにしましょう。
痛みが激しく、患部が熱っぽくなっている場合にはアイスパックなどを使って冷やすことで炎症を抑制します。

 

●慢性期

痛みが緩和されてくる時期なので、少しずつ無理のない程度に肩や腕を動かしていきましょう。
また、痛みがある時にはホットパックや入浴によって温めることで、血行が促進されて痛みの緩和が期待できます。

 

●回復期

この時期には可動域も広がるので、しっかりと肩を動かすようにしましょう。
この時に肩を動かさないでいると筋肉や関節が硬くなり、改善の遅延や再発に繋がってしまいます。

 

【自分で行える予防方法】

 

●ストレッチで柔軟性を高める

年齢に伴い、肩周辺の筋肉や関節は硬くなっていきます。
そのため、日常的にストレッチを取り入れて筋肉や関節の柔軟性を高めることで四十肩・五十肩の予防に繋がります。
肩周りのストレッチだけではなく、全身ストレッチも行うことで血流を促進させましょう。

 

●筋肉を鍛える

肩周りの筋肉を鍛えれば関節や筋肉の強度が高まるため、四十肩・五十肩の原因となる肩への過剰な負荷の軽減とが期待できます。
筋トレや簡単な運動などによって肩周辺の筋肉を鍛えるようにしましょう。

 

●姿勢を正す

姿勢の悪さは肩に余分な負荷をかける原因となるため、日常的に姿勢を正すように心掛けましょう。
立ち姿勢や座り姿勢だけではなく、身体のゆがみに繋がるような日常の習慣も見直してみてください。

奏の杜中央整骨院・奏の杜中央鍼灸院の
【四十肩・五十肩】アプローチ方法

当院では、四十肩・五十肩に対して、ハイボルト療法鍼施術でアプローチしていきます。
※もし、鍼施術や電気などを使用する施術が苦手な場合は遠慮せずお申し付けください。

身体のゆがみが原因で四十肩・五十肩の症状が出ている場合には骨格矯正を行うこともあります。
骨格矯正を行う場合でも、ボキボキ鳴らすようなことはいたしませんのでご安心ください。

長い期間不良姿勢が続き、肩周りのインナーマッスルが低下していることにより、四十肩・五十肩の症状が悪化している場合もあります。
良い姿勢が保てるようにトレーニングのお手伝いもさせていただきます。

 

【四十肩・五十肩に対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ハイボルト(高電圧)の電気刺激を身体の深部組織に到達させる療法です。
「痛みの原因の見極め」「炎症を抑制」「痛みの緩和」 が期待でき、痛みの強い時期におすすめな施術です。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

経穴(ツボ)に刺激を与えることにより、緊張し硬くなった筋肉をゆるめて血行の促進を目指します。
除痛効果だけでなく、他の施術の効果を持続させる効果も期待できます。

 

■テーピング

テーピングと言ってもいくつかの種類があり目的により使い分けていきます。
筋肉の動きを正常にするテープ、筋力バランスを整えるテープ、関節を固定・補強するテープなどを適切に施すことで、効果の持続を目指します。

 

■骨格矯正

骨盤のズレや背骨のゆがみを本来の状態に戻し、血液・リンパ・神経の流れ、動きを整え、身体の自然治癒力を高めていくことで、慢性的な「肩こり」や「腰痛」などに効果が期待できる施術です。
普段の姿勢が気になっている方、慢性的に疲労を感じている方におすすめな施術です。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉を覆っている「筋膜」に専用の器具(ステンレスでできたブレードなど)でアプローチしていきます。
筋膜の緊張や癒着をほぐすことで組織の回復力を高め痛みの軽減や可動域の改善が期待できます。

 

■カッピング

透明なカップを症状が気になる箇所や、血液の滞っている箇所に吸着させ、中を真空状態にし皮膚をカップ内に吸引することで刺激を与える施術です。
皮膚や筋肉に刺激を与え血液やリンパ液の流れを整えます。

 

■鍼灸

髪の毛ほどの細さの鍼やもぐさでできたお灸を使い、経穴(ツボ)を刺激することで自己治癒力を向上させ、さまざまな不調の緩和を目指す施術です。
痛みや痺れの緩和、自律神経の乱れによる症状の改善に効果が期待できます。

著者 Writer

著者画像
院長:杉澤 恵太(すぎさわ けいた)
資格:柔道整復師、鍼灸師
呉竹学園東京医療専門学校卒業
生年月日:9月21日
血液型:A型
出身地:東京都墨田区
趣味:フットサル、キャンプ用品集め
患者さんへ一言:お身体の痛みや不調でお悩みの際はお気軽にご相談下さい!
患者さんが健康に、そして笑顔になれるように一緒に解決していきましょう!
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:奏の杜中央整骨院
住所〒275-0028 千葉県習志野市奏の杜1-3-1
最寄:JR津田沼駅 南口から徒歩4分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】奏の杜中央整骨院・奏の杜中央鍼灸院 公式SNSアカウント 奏の杜中央整骨院・奏の杜中央鍼灸院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】奏の杜中央整骨院・奏の杜中央鍼灸院 公式SNSアカウント 奏の杜中央整骨院・奏の杜中央鍼灸院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】奏の杜中央整骨院・奏の杜中央鍼灸院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中