原因不明の痛み・しびれ
(足・足の裏)でお悩みの方へ

原因不明の痛み・しびれ(足・足の裏)によくある症状

  • 足がしびれる
    ことがある

  • 足のしびれや
    腰痛がある

  • 歩くと足の裏に
    灼熱感が出る
    ことがある

  • 足に動かし
    づらさがある

足や足裏の痛み・しびれは身体の不調から起こります

足や足の裏に痛み・しびれ症状があるものの、思い当たる原因の病気やケガが分からない

という悩みを抱えている方は多くいらっしゃいます。

 

症状が現れている部分に原因があるのではないかと考えてしまうかもしれませんが、

実は足や足裏以外の部分に原因があるかもしれません。

 

足や足裏の痛み・しびれは、何らかの身体の不調が起こっているサインの可能性があります。

原因不明の痛み・しびれ改善メニュー Recommend Menu

足の痛み・しびれにはさまざまな原因が考えられます

足や足の裏に痛み・しびれといった症状が現れても、足に原因があるとは限りません。
足の痛み・しびれ症状が現れる原因はさまざまなものが考えられ、足とは関係のないことが原因である場合も多いものです。
病気やケガが隠れている場合もあるため、放っておかずに対処するようにしましょう。

 

【腰痛や骨盤のゆがみが原因の場合】

 

足に痛みやしびれが起こる場合、腰や骨盤が原因になっているケースが多いです。

腰痛は血行不良によって筋肉が硬くなることで起こりますが、血行が悪ければ神経が圧迫や刺激を受けます。
腰には足に繋がる神経が通っているため、その神経が圧迫されれば足に症状が生じます。

また、骨盤がゆがむことで内臓の位置がずれてしまい、神経を圧迫することで症状が現れるような場合もあります。

 

【病気やケガが原因の場合】

 

●血管性によるもの

血液循環が悪くなることで起こる病気が原因で、足にしびれや痛みが生じます。
代表的な病気には「エコノミークラス症候群」が挙げられ、長時間同じ姿勢を続けることで足の血行が滞って発症します。

 

●神経性によるもの

神経が何らかの原因で損傷したり、圧迫されたりすることが原因で足に痛みやしびれ症状が起こります。
神経は首から腰を通り、全身に繋がっています。
そのため、足に通る神経だけではなく背中や腰部分の神経が損傷や圧迫を受けることでも足に症状が生じます。

次のような病気やケガによって、足に痛み・しびれ症状が現れる場合があります。

・足根管症候群
・椎間板ヘルニア
・扁平足(へんぺいそく)
・外反母趾(がいはんぼし)
・梨状筋症候群
・腰椎すべり症
・足底腱膜炎
・変形性股関節症

 

●それ以外の病気

自己免疫系の病気である「関節リウマチ」では関節に炎症や腫れを起こし、足に痛みやしびれが生じることがあります。
また、「糖尿病」になると神経に異常をきたすことで足にしびれ症状が出ます。

足の痛み・しびれを改善するためにできる対処法

足の痛みやしびれがあれば、歩行時や何か動作をする度に痛みや違和感が生じます。
そのため、日常生活において不便を感じることも増えてしまいます。
そこで、足の痛みやしびれの原因に合った対処方法や予防方法をご紹介していきます。

 

【足の痛み・しびれの対処法】

 

●腰痛が原因の場合

腰痛から足の症状がきているのであれば、原因となる腰痛への対策が必要になります。
骨盤のゆがみを改善するために、日頃の姿勢や歩き方を見直しましょう。
入浴などで温めることで血行を促進すれば、神経を圧迫する筋肉がほぐれて腰痛や足の痛み症状の緩和が期待できます。

 

●内臓系の病気が原因場合

内臓系の病気が原因の場合には、医療機関に相談して病気を改善する必要があります。

また、内臓機能を高めるには便秘を解消することも効果的です。
適度な運動や水分補給、食事管理で便秘解消を行いましょう。

 

【日常で行える予防法】

 

●姿勢や習慣の改善

姿勢の悪さや、身体のゆがみになるような日常の習慣は、骨盤のゆがみを起こします。
骨盤のゆがみは腰痛だけではなく、椎間板ヘルニア変形性股関節症などさまざまな病気を引き起こす原因にも繋がります。
そのため、日頃から正しい姿勢を心掛け、身体のゆがみになるような「足を組む」「立つ時に壁などによりかかる」「スマホを俯いた姿勢でみる」といった習慣に注意しましょう。

 

●ストレッチを習慣的に行う

ストレッチを行うことで硬くなった筋肉の柔軟性が高まり、血流が促進されるようになります。
血流が促進されれば、神経への圧迫や刺激の予防に効果が期待できます。

奏の杜中央整骨院・奏の杜中央鍼灸院の
【原因不明の痛み・しびれ(足・足の裏)】アプローチ方法

当院では、原因のわからない足の痛みやしびれに対して、 足の着き方や骨盤のゆがみの確認、痛みやしびれが出る状態を再現していただき原因を特定していきます。

特定された原因により施術方法は異なりますが「ハイボルト療法」での施術や鍼灸施術、手技による施術を行って症状の緩和を目指します。

原因がわからない痛みで不安を覚えることもあるかもしれませんが、 些細なことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

【原因不明の痛み・しびれ(足・足の裏)に対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ハイボルト(高電圧)の電気刺激を身体の深部組織に到達させる療法です。
「痛みの原因の見極め」「炎症を抑制」「痛みの緩和」 が期待でき、痛みの強い時期におすすめな施術です。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

経穴(ツボ)に刺激を与えることにより、緊張し硬くなった筋肉をゆるめて血行の促進を目指します。
除痛効果だけでなく、他の施術の効果を持続させる効果も期待できます。

 

■テーピング

テーピングと言ってもいくつかの種類があり目的により使い分けていきます。
筋肉の動きを正常にするテープ、筋力バランスを整えるテープ、関節を固定・補強するテープなどを適切に施すことで、効果の持続を目指します。

 

■骨格矯正

骨盤のズレや背骨のゆがみを本来の状態に戻し、血液・リンパ・神経の流れ、動きを整え、身体の自然治癒力を高めていくことで、慢性的な「肩こり」や「腰痛」などに効果が期待できる施術です。
普段の姿勢が気になっている方、慢性的に疲労を感じている方におすすめな施術です。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉を覆っている「筋膜」に専用の器具(ステンレスでできたブレードなど)でアプローチしていきます。
筋膜の緊張や癒着をほぐすことで組織の回復力を高め痛みの軽減や可動域の改善が期待できます。

 

■鍼灸

髪の毛ほどの細さの鍼やもぐさでできたお灸を使い、経穴(ツボ)を刺激することで自己治癒力を向上させ、さまざまな不調の緩和を目指す施術です。
痛みや痺れの緩和、自律神経の乱れによる症状の改善に効果が期待できます。

 

■温熱療法

患部を温めることにより血液や疲労物質の流れを促進し症状の緩和を目指す施術です。
血液循環がよくなることで、緊張し硬くなってしまった筋肉を緩ませ「頭痛」や「肩こり」「腰痛」など血行不良により生じていた不調の緩和が期待できます。

著者 Writer

著者画像
院長:杉澤 恵太(すぎさわ けいた)
資格:柔道整復師、鍼灸師
呉竹学園東京医療専門学校卒業
生年月日:9月21日
血液型:A型
出身地:東京都墨田区
趣味:フットサル、キャンプ用品集め
患者さんへ一言:お身体の痛みや不調でお悩みの際はお気軽にご相談下さい!
患者さんが健康に、そして笑顔になれるように一緒に解決していきましょう!
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:奏の杜中央整骨院
住所〒275-0028 千葉県習志野市奏の杜1-3-1
最寄:JR津田沼駅 南口から徒歩4分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】奏の杜中央整骨院・奏の杜中央鍼灸院 公式SNSアカウント 奏の杜中央整骨院・奏の杜中央鍼灸院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】奏の杜中央整骨院・奏の杜中央鍼灸院 公式SNSアカウント 奏の杜中央整骨院・奏の杜中央鍼灸院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】奏の杜中央整骨院・奏の杜中央鍼灸院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中