外反母趾でお悩みの方へ

外反母趾によくある症状

  • 足の親指の
    付け根が
    飛び出ている

  • なかなか自分に
    合う靴がない

  • 靴を履くと
    足が痛む

  • 足の指の付け根
    周辺がいつも
    赤くなる

女性に多い外反母趾の症状

靴を履いた時の親指の痛みや、歩きづらさに悩む女性は多くいらっしゃいます。

こうした症状は外反母趾の特徴であり、

足の親指の付け根部分が「く」の字型に突き出た状態になっています。

 

外反母趾は正しく対処することで改善に繋がりますので、

まずは外反母趾になってしまう原因を知りましょう。

外反母趾改善メニュー Recommend Menu

外反母趾の原因は日常生活の中にあります

外反母趾は、親指の付け根に変形が起こる病気です。
外反母趾が起こる原因は「先天性」「後天性」の2種類に分けることができます。
多くは後天性の原因によって起こることが多く、日常の習慣が関係している場合があります。

 

【先天性の外反母趾】

 

先天性の外反母趾の場合、遺伝によって生まれつきの骨格が外反母趾を起こす原因となります。

親指が人差し指よりも長い方は、靴や靴下を履く時に親指が圧迫されやすいため、外反母趾になるリスクが高くなる傾向があります。

 

【後天性の外反母趾】

 

●筋力の弱さ(内的要因)

外反母趾は男性よりも圧倒的に女性に多く発症します。
そのため、筋力の弱さや関節の柔らかさが関係していると考えられます。

 

●足底アーチの低下(内的要因)

足の裏は平たんではなくアーチ状の構造になっており、地面からの衝撃を吸収することで膝や上半身への負担を軽減させる役割があります。
しかし、足底の筋力の衰えなどによってアーチが低下すれば偏平足となり、外反母趾を起こしやすくなります。

 

●生活習慣(外的要因)

先の細くなったデザインの靴を日常的に履き続けることで外反母趾になるケースは多いです。

とくにハイヒールは構造上、つま先に多くの負担がかかります。
ヒールではない靴と比較すると、4㎝ヒールで約1.5倍、9㎝ヒールで約3倍の負担がかかると言われています。

また、自分の足のサイズに合っていない靴を履いている場合も外反母趾を引き起こすリスクが高くなります。

 

●運動不足(外的要因)

日常的に歩くことが少ない生活を過ごしていると、足裏の筋力が低下することで外反母趾に繋がります。
例えば、車通勤運動不足などが原因になり得ます。

 

●歩き方(外的要因)

正しい歩き方ができていない場合にも外反母趾を起こすことがあります。
着地の際にかかとではなく、足先から地面に着地するような歩き方をしていると足の付け根に負担がかかることで外反母趾に繋がります。

外反母趾によって起こる症状と予防方法

外反母趾でも放ったままにしている方も少なくありません。
しかし、放っておくと症状の悪化や身体の不調を起こす可能性があります。
そこで、外反母趾が引き起こす症状と予防方法についてご紹介していきます。

 

【外反母趾によって起こされる症状】

 

●身体への負担が大きくなる

外反母趾による痛みを避けるために歩き方や動作が不自然になると、膝や股関節、腰など身体への負担が大きくなります。
これに伴い、膝の痛み股関節痛腰痛などだけではなく椎間板ヘルニアなどを引き起こす可能性もあります。

 

●身体のゆがみ

外反母趾を庇って歩くと、姿勢のバランスが崩れます。
姿勢の悪さは身体のゆがみを起こし、筋肉バランスが崩れることで肩こり腰痛など身体の痛みやこりを生じます。
また、ゆがみは血流や神経を圧迫するため、しびれ冷えむくみといった全身症状にも繋がります。

 

【日常生活で行える予防策】

 

●日常で履く靴を見直す

ハイヒールはなるべく避けるようにし、足に負担の少ない靴を選ぶようにしましょう。
自分の足のサイズに合っている靴を選び、縦幅や横幅が合っているか確認してから購入するようにしてください。

また、鼻緒のついた靴五本指の靴下は足指を使うきっかけになるので、外反母趾予防におすすめです。

 

●正しい歩き方を心掛ける

正しい歩き方を意識することは外反母趾の予防になります。
歩く時にはかかとから着地をすることを意識して歩くようにしましょう。

 

●足の指や足裏を使う運動を行う

足の指や足裏を使う運動で筋力をつければ、外反母趾の予防・改善に繋がります。
足の親指にタオルやゴムひもかけて引っ張る運動で、親指周辺の筋力を鍛えられます。

また、足の指を閉じたり開いたりすることを繰りかえす運動は足裏を鍛えられます。
日常的にウォーキングを行うなど、歩く習慣も身に付けましょう。

奏の杜中央整骨院・奏の杜中央鍼灸院の
【外反母趾】アプローチ方法

当院では、カウンセリングにて骨盤の状態や足のアーチの状態を確認させていただきます。

変形途中で強い痛みがある場合は「アイシング」などで炎症を抑えます。

筋肉が骨を引っ張ってしまっている場合もあるので「テーピング」を行う場合もあります。

足が完全に変形している状態では、痛みはあまり感じない場合が多いです。

外反母趾が靴からきているものなのか、またはそれ以外なのかなど、原因を見極めたうえで日常生活でのアドバイスもさせていただきます。

 

【外反母趾に対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ハイボルト(高電圧)の電気刺激を身体の深部組織に到達させる療法です。
「痛みの原因の見極め」「炎症を抑制」「痛みの緩和」 が期待でき、痛みの強い時期におすすめな施術です。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

経穴(ツボ)に刺激を与えることにより、緊張し硬くなった筋肉をゆるめて血行の促進を目指します。
除痛効果だけでなく、他の施術の効果を持続させる効果も期待できます。

 

■テーピング

テーピングと言ってもいくつかの種類があり目的により使い分けていきます。
筋肉の動きを正常にするテープ、筋力バランスを整えるテープ、関節を固定・補強するテープなどを適切に施すことで、効果の持続を目指します。

 

■骨格矯正

骨盤のズレや背骨のゆがみを本来の状態に戻し、血液・リンパ・神経の流れ、動きを整え、身体の自然治癒力を高めていくことで、慢性的な「肩こり」や「腰痛」などに効果が期待できる施術です。
普段の姿勢が気になっている方、慢性的に疲労を感じている方におすすめな施術です。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉を覆っている「筋膜」に専用の器具(ステンレスでできたブレードなど)でアプローチしていきます。
筋膜の緊張や癒着をほぐすことで組織の回復力を高め痛みの軽減や可動域の改善が期待できます。

 

■鍼灸

髪の毛ほどの細さの鍼やもぐさでできたお灸を使い、経穴(ツボ)を刺激することで自己治癒力を向上させ、さまざまな不調の緩和を目指す施術です。
痛みや痺れの緩和、自律神経の乱れによる症状の改善に効果が期待できます。

 

■温熱療法

患部を温めることにより血液や疲労物質の流れを促進し症状の緩和を目指す施術です。
血液循環がよくなることで、緊張し硬くなってしまった筋肉を緩ませ「頭痛」や「肩こり」「腰痛」など血行不良により生じていた不調の緩和が期待できます。

著者 Writer

著者画像
院長:杉澤 恵太(すぎさわ けいた)
資格:柔道整復師、鍼灸師
呉竹学園東京医療専門学校卒業
生年月日:9月21日
血液型:A型
出身地:東京都墨田区
趣味:フットサル、キャンプ用品集め
患者さんへ一言:お身体の痛みや不調でお悩みの際はお気軽にご相談下さい!
患者さんが健康に、そして笑顔になれるように一緒に解決していきましょう!
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:奏の杜中央整骨院
住所〒275-0028 千葉県習志野市奏の杜1-3-1
最寄:JR津田沼駅 南口から徒歩4分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】奏の杜中央整骨院・奏の杜中央鍼灸院 公式SNSアカウント 奏の杜中央整骨院・奏の杜中央鍼灸院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】奏の杜中央整骨院・奏の杜中央鍼灸院 公式SNSアカウント 奏の杜中央整骨院・奏の杜中央鍼灸院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】奏の杜中央整骨院・奏の杜中央鍼灸院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中