頭痛でお悩みの方へ

頭痛によくある症状

  • ふとした時に
    頭痛が起こる

  • 動くと頭痛が
    ひどくなる

  • 頭痛のせいで
    仕事に集中
    できない

  • 季節の代わり目
    に頭痛が
    起こりやすい

頭痛にも種類があることをご存じでしょうか

病気とは異なる頭痛で、慢性的に起こる頭痛に悩む方は多いものです。

 

また、慢性頭痛には種類があり、種類ごとに原因や対処方法は異なります。

 

そのため、頭痛にお悩みの方は自身の頭痛タイプを知っておくことが大切です。

頭痛改善メニュー Recommend Menu

代表的な3つの頭痛タイプ

慢性的に起こる頭痛には、大きく分けると3つの種類があります。
「片頭痛」「緊張型頭痛」「群発頭痛」の3種類です。
それぞれ種類によって原因や症状が異なるので、自分の頭痛タイプを知って対処できるようにしましょう。

 

【片頭痛】

 

●症状

まるで脈を打つようなズキズキとした頭痛症状が特徴です。
症状がひどい場合には、吐き気を伴うこともあります。

●特徴

頭痛症状が出ている時に動くと、より症状が悪化する傾向があります。
働き盛りの年齢の女性に多い頭痛タイプです。

●原因

原因ははっきり解明されていませんが、脳の血管が拡張することで頭痛が起きていると考えられます。

ストレス疲労が関係している他、女性ホルモンも関わっているとされています。

 

【緊張型頭痛】

 

●症状

締め付けられるような頭の痛みや、重苦しさの症状が特徴です。
また、肩や首のこりめまいといった症状を伴うこともあります。

●特徴

慢性頭痛の中でも最も多い頭痛タイプで、性別や年齢に関係なく誰にでも起こり得ます。
デスクワークによって引き起こされることが多い頭痛です。

●原因

姿勢の悪さや、デスクワークなど長時間同じ姿勢が続くことで血行が悪くなり、筋肉が緊張してしまうことが原因で発症します。

 

【群発頭痛】

 

●症状

片側の目の奥やこめかみ辺りに激しい痛みが生じます。
激しい頭痛によって眠れないような場合も多くあります。

●特徴

1~2カ月ほどの期間、毎日症状が数時間続きます。
男性に発症することが多く、発作的に年に1、2度起こります。

●原因

原因は明確にされていませんが、目の後ろを通っている血管が炎症を起こすことで頭痛が生じると考えられています。

それぞれの頭痛タイプに合った対処方法

頭痛タイプによって原因が異なるため、頭痛タイプに合った対処を行う必要があります。
正しく対処することで、一時的でも痛みの緩和が期待できます。
また、頭痛が起こりにくくするための予防を日常的に行うことも大切です。

 

【片頭痛の場合】

 

●暗くて静かな場所で休む

片頭痛は動くことで痛みが悪化するため、安静にしましょう。
にも敏感になるので、暗くて静かな場所で休むことが大切です。

●圧迫して冷やす

こめかみを押さえることで血流を収縮させると痛みの緩和が期待されます。
また、痛みのある部分を冷やすことも効果的です。

 

【緊張型頭痛の場合】

 

●首や肩を温める

首や肩をホットパックや入浴して温めることで、血流が促進されて筋肉の緊張をほぐします。
そうすると、痛みの緩和が期待できます。

●ストレッチをする

首や肩を含め、全身のストレッチを日常の習慣に取り入れていきましょう。
ストレッチをすることで血流が促進され、筋肉の柔軟性が高まり頭痛の改善・予防に繋がります。

●姿勢を正す

不良姿勢や、長時間同じ姿勢を続けていると、首や肩へ大きな負担がかかることで頭痛が生じます。
日常的に姿勢を正すようにし、デスクワークなどで同じ姿勢が続くような時には休憩を挟むようにすることで頭痛の予防に繋がります。

 

【群発頭痛の場合】

 

●発作時には喫煙や飲酒を避ける

群発頭痛の発作時には、飲酒喫煙を避けるようにしましょう。
飲酒や喫煙によって血管が拡張され、痛みが悪化することがあります。

奏の杜中央整骨院・奏の杜中央鍼灸院の
【頭痛】アプローチ方法

当院では、まず頭痛の原因が緊張性なのか、血管拡張性なのかを見極めていきます。

緊張性頭痛は頭の筋肉、首や肩の筋肉が過緊張を起こして血流が悪くなった結果、筋肉内に老廃物が溜まり、その周囲の神経が圧迫され頭痛を引き起こします。

緊張性頭痛の場合は鍼施術EHD(頭痛施術)姿勢矯正がおすすめです。

 

血管拡張性頭痛(片頭痛)は、のぼせや気圧・温度の変化、自律神経やホルモンバランスの乱れなどさまざまな要因により脳の血管が急激に拡張する事で、脈打つような痛みが生じると言われています。

そのような場合は、EHD(頭痛施術)や患部に直接鍼を行うだけでなく、自律神経調整を含めた経絡施術など根本的な施術がおすすめです。

 

【頭痛に対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ハイボルト(高電圧)の電気刺激を身体の深部組織に到達させる療法です。
「痛みの原因の見極め」「炎症を抑制」「痛みの緩和」 が期待でき、痛みの強い時期におすすめな施術です。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

経穴(ツボ)に刺激を与えることにより、緊張し硬くなった筋肉をゆるめて血行の促進を目指します。
除痛効果だけでなく、他の施術の効果を持続させる効果も期待できます。

 

■テーピング

テーピングと言ってもいくつかの種類があり目的により使い分けていきます。
筋肉の動きを正常にするテープ、筋力バランスを整えるテープ、関節を固定・補強するテープなどを適切に施すことで、効果の持続を目指します。

 

■骨格矯正

骨盤のズレや背骨のゆがみを本来の状態に戻し、血液・リンパ・神経の流れ、動きを整え、身体の自然治癒力を高めていくことで、慢性的な「肩こり」や「腰痛」などに効果が期待できる施術です。
普段の姿勢が気になっている方、慢性的に疲労を感じている方におすすめな施術です。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉を覆っている「筋膜」に専用の器具(ステンレスでできたブレードなど)でアプローチしていきます。
筋膜の緊張や癒着をほぐすことで組織の回復力を高め痛みの軽減や可動域の改善が期待できます。

 

■ドレナージュ

【EHD】

頭痛や眼精疲労に特化した施術です。
肩から首、頭の筋肉を緩め、ツボを刺激して短時間での改善を目指します。
パソコン作業が多い方、目が疲れやすい方におすすめな施術です。

 

■カッピング

透明なカップを症状が気になる箇所や、血液の滞っている箇所に吸着させ、中を真空状態にし皮膚をカップ内に吸引することで刺激を与える施術です。
皮膚や筋肉に刺激を与え血液やリンパ液の流れを整えます。

 

■鍼灸

髪の毛ほどの細さの鍼やもぐさでできたお灸を使い、経穴(ツボ)を刺激することで自己治癒力を向上させ、さまざまな不調の緩和を目指す施術です。
痛みや痺れの緩和、自律神経の乱れによる症状の改善に効果が期待できます。

 

■温熱療法

患部を温めることにより血液や疲労物質の流れを促進し症状の緩和を目指す施術です。
血液循環がよくなることで、緊張し硬くなってしまった筋肉を緩ませ「頭痛」や「肩こり」「腰痛」など血行不良により生じていた不調の緩和が期待できます。

 

■小顔矯正

頭や顔の骨格調整をして表情筋の緊張をほぐすことで、リンパの流れや血液循環を促進することで「小顔」を目指す施術です。
むくみやしみなどのお肌のトラブル改善に効果が期待できます。
お顔のゆがみなどでお悩みの方もご相談ください。

著者 Writer

著者画像
院長:杉澤 恵太(すぎさわ けいた)
資格:柔道整復師、鍼灸師
呉竹学園東京医療専門学校卒業
生年月日:9月21日
血液型:A型
出身地:東京都墨田区
趣味:フットサル、キャンプ用品集め
患者さんへ一言:お身体の痛みや不調でお悩みの際はお気軽にご相談下さい!
患者さんが健康に、そして笑顔になれるように一緒に解決していきましょう!
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:奏の杜中央整骨院
住所〒275-0028 千葉県習志野市奏の杜1-3-1
最寄:JR津田沼駅 南口から徒歩4分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】奏の杜中央整骨院・奏の杜中央鍼灸院 公式SNSアカウント 奏の杜中央整骨院・奏の杜中央鍼灸院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】奏の杜中央整骨院・奏の杜中央鍼灸院 公式SNSアカウント 奏の杜中央整骨院・奏の杜中央鍼灸院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】奏の杜中央整骨院・奏の杜中央鍼灸院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中